+*+*タペストリー*+*+

neneaina.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ボルシチ賛歌

 ボルシチは ロシアの家庭料理なんだよ

 野菜たっぷり

 あ、すみたーな(サワークリーム)はたっぷりいれなきゃ!

 りりいおばさんの口癖だったよ

 だから、いっぱい入れなさい

 いっぱいあるから



熊のような叔父ちゃんが作るボルシチは、とっても美味しい

作るのは、叔父ちゃんの貴重なお休みの日

「今日はボルシチつくるから」

得意げに言いながら、

まずは京橋の明治屋さんへ

ビートの缶詰がなきゃはじまらない



 これ、どこにも売ってないんだよ

 おじちゃん、缶詰じゃない野菜のビートを一度でいいから見てみたいんだ


 ボルシチの赤はね、ビートの赤色なの

 トマトじゃないんだよ!

 そしてロシアじゃね、赤は「美しい」の意味なんだよ


こだわりのビートの缶詰

明治屋に買いに行っては、立ち飲み屋に寄って、いい気分で帰ってくる。

そんな休日のある日、ボルシチ作りのキッチンから、あっ!と声をあがった。

これ、見てみなよ、と。

なんと、ビートの缶詰は、ラズベリーソースの缶詰だったのだ!

スプーンですくうと甘酸っぱい味がした。

すみたーなと一緒に食べたら、美味しかった。


その日のボルシチは、ビートじゃなくて、トマト缶の赤色。
by nene57 | 2011-01-27 12:54 | my song

願い

アレクサンダーテクニック、ジェレミーさんの最後のおまけのレッスン。

自分自身でいることを、自分で受け止めている瞬間、

そして、それを他の誰かに受け止めて、リアクションしてもらえることの、大きさ。


私たちは、私たち自身から離れるときに、

不足を感じる。忙しくなったり、する。

私は、補充源が、お菓子だったり、人から認められたり、必要とされることだったり、する。



けれど、ほんとうに、本当に、自分が自分でいるとき、

私たちは深く落ち着いていて、オープンで、何もいらない感じ。

身体の緊張も、躊躇も、なくなるんだよ、本当に。


だから、いつでも、そうありたいと願う。
本当に、願います。

幸せも、つらさも、さみしさも、受け止めています。



今の体をただ、受け止めて感じる。
どんな快も不快も、ただ内側を感じていることをする。
それだけ。


胸の内から、答えが出てくることの安心感。


ああ、ほんとうはこうしたかっただけなんだと。


わたしは、ただ、

わたしが元気でいたい、
誰かにも元気でいてもらいたい。

私は、癒されたいから、
誰かも癒されてほしい。

幸せでいたいから、
幸せでいてほしいと願う。

愛したいし、愛されたい。


私は、ただ完全に、いつも、私自身で、いたい。

そのとき、わたしは 何をしていても自由を感じる。
by nene57 | 2011-01-26 00:13 | にっき

home

おうちへ帰ろう

あったかいお家へ。

気づかずに、いつもそこにあった

私のお家。

みんな持ってるそれぞれのお家。

誰かのおうちへ遊びへいって

また違う誰かのおうちへ遊びにいって

楽しんで。


やっぱり、自分のお家がいちばんあったかい。

かえろうよ。

あたりまえすぎて、わすれてた私のお家へ。

そこから、ひかりをともして、また行き来しよう。



みんな、自分のお家にひかりをともしてる。

あったかいひかりを、ともしてる。
by nene57 | 2011-01-10 13:55 | こころ