+*+*タペストリー*+*+

neneaina.exblog.jp
ブログトップ

f0177015_23503577.jpg

小さな川に
きらきら光る月明かりと
草むらに ともる小さな光の群れ

懐かしいような
夢の中にいるような

蛍の川でした。




どうしても消えないもやもやがあって

心の中に、
それらをしまう整理箱を作ろうと
じっと座って瞑想みたいなことしてみたら

その箱には、蛍の川しか思い浮かばなかった

この箱に入らないもやもやは、どこにしまうのだろうと

確かにあるそれを頑張って納めようとしたけど、


最近何度か見た蛍の川しか
箱には入らない



きれいだったなあと

ただそれだけになって
もう嫌になって


もう私は蛍の羽か

それらを見守る木の一枝か

一本の草になり

私が溶けて無くなってしまいたいのか と

思い当たって


チャレンジしてみようとしたけど

確かにある私の体が

出来ないよ、と引き止めた

ここにいるのが私だから

それを見ている人間だから

きれいだと眺めるだけの人間だから

よくわからないけど、そういうこと





もしもこの人生で、

自分のお子と出会うことが出来るなら

蛍ちゃんと名付けたい

ずっと見てたい

見てるだけで幸せなその気持ちを

呼ぶたびに思いだすから


というようなことを母に話したら

北の国からだね、と
笑われた
[PR]
by nene57 | 2011-06-09 23:50