+*+*タペストリー*+*+

neneaina.exblog.jp
ブログトップ

お正月

f0177015_18402577.jpg

外間殿で お酒を受けた男性たちが

降りてきて、突然踊りだす

歳の男性ほど上手!で
若い男の子のときは おばあたちが一緒にきて踊りだす

すごいな〜
ほんとに楽しそうな顔





突然人の中にいて

でもお正月だからこその おもてなしを受けて

人ってどこにいても

おんなじような人間模様があるなあと感じたり

けれど優しい人は ほんとうに優しくて

胸いっぱいになったりした
[PR]
# by nene57 | 2011-02-03 18:40

久高島 新年

f0177015_8513435.jpg

久高島 三日目

旧暦のお正月です。


この島は

人の存在より 神様や自然の声が圧倒的に大きい

私の頭も声も、黙らなければという気持ちになりました

まあ 聞きなさい

と 大きく風が吹いている

向きだしの自然は、恐いけれど、
思い切って一緒にいると
気高く美しく

畏れ、というものはやはり人にとって必要なんだろうと、少しわかりました



近くの浜に朝日を見に来ました

曇りでした

闇と光の交代は 思ったより柔らかで

太陽はおおらかだと思いました



もう少ししたら村のお祝いを見に行きます
[PR]
# by nene57 | 2011-02-03 08:51

斎場御嶽

f0177015_13141256.jpg

f0177015_13141222.jpg

f0177015_13141288.jpg

沖縄の自然の木々や岩
語りかけてくるような存在感


今回はこのまま久高島だから

のんびりできて嬉しい
[PR]
# by nene57 | 2011-02-01 13:14

旅立ち

考えてたことは

今のありのままの 私で行こう

うけとめてもおうということ



暗い中モノレールに乗って

東京離れると思ったとたん

何かかちっと、きり変わる気がした


いつのまにか 沖縄にいて。

何かほっとしてる

今日は薄曇り

斎場御嶽から久高島へ
[PR]
# by nene57 | 2011-02-01 10:34

ボルシチ賛歌

 ボルシチは ロシアの家庭料理なんだよ

 野菜たっぷり

 あ、すみたーな(サワークリーム)はたっぷりいれなきゃ!

 りりいおばさんの口癖だったよ

 だから、いっぱい入れなさい

 いっぱいあるから



熊のような叔父ちゃんが作るボルシチは、とっても美味しい

作るのは、叔父ちゃんの貴重なお休みの日

「今日はボルシチつくるから」

得意げに言いながら、

まずは京橋の明治屋さんへ

ビートの缶詰がなきゃはじまらない



 これ、どこにも売ってないんだよ

 おじちゃん、缶詰じゃない野菜のビートを一度でいいから見てみたいんだ


 ボルシチの赤はね、ビートの赤色なの

 トマトじゃないんだよ!

 そしてロシアじゃね、赤は「美しい」の意味なんだよ


こだわりのビートの缶詰

明治屋に買いに行っては、立ち飲み屋に寄って、いい気分で帰ってくる。

そんな休日のある日、ボルシチ作りのキッチンから、あっ!と声をあがった。

これ、見てみなよ、と。

なんと、ビートの缶詰は、ラズベリーソースの缶詰だったのだ!

スプーンですくうと甘酸っぱい味がした。

すみたーなと一緒に食べたら、美味しかった。


その日のボルシチは、ビートじゃなくて、トマト缶の赤色。
[PR]
# by nene57 | 2011-01-27 12:54 | my song