+*+*タペストリー*+*+

neneaina.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:にっき( 5 )

二つの太陽

・・のように、見えたというだけなんですが。


左側の太陽と、右側の彩雲が・・。
f0177015_036652.jpg


f0177015_036185.jpg


また今日は、新月で、かつスーパームーンなんだそうです(地球に月が最接近するとか)。

不思議な天体ショーです。
[PR]
by nene57 | 2011-09-28 00:37 | にっき

願い

アレクサンダーテクニック、ジェレミーさんの最後のおまけのレッスン。

自分自身でいることを、自分で受け止めている瞬間、

そして、それを他の誰かに受け止めて、リアクションしてもらえることの、大きさ。


私たちは、私たち自身から離れるときに、

不足を感じる。忙しくなったり、する。

私は、補充源が、お菓子だったり、人から認められたり、必要とされることだったり、する。



けれど、ほんとうに、本当に、自分が自分でいるとき、

私たちは深く落ち着いていて、オープンで、何もいらない感じ。

身体の緊張も、躊躇も、なくなるんだよ、本当に。


だから、いつでも、そうありたいと願う。
本当に、願います。

幸せも、つらさも、さみしさも、受け止めています。



今の体をただ、受け止めて感じる。
どんな快も不快も、ただ内側を感じていることをする。
それだけ。


胸の内から、答えが出てくることの安心感。


ああ、ほんとうはこうしたかっただけなんだと。


わたしは、ただ、

わたしが元気でいたい、
誰かにも元気でいてもらいたい。

私は、癒されたいから、
誰かも癒されてほしい。

幸せでいたいから、
幸せでいてほしいと願う。

愛したいし、愛されたい。


私は、ただ完全に、いつも、私自身で、いたい。

そのとき、わたしは 何をしていても自由を感じる。
[PR]
by nene57 | 2011-01-26 00:13 | にっき

お知らせ~満月、空の音楽会

空の音楽会

~満月と笙の音色~


天から優しくさしこむ光のような笙の音色。。。

仏教伝来とともに日本に伝わったこの和楽器は、現在も神社などで目耳にすることがあると思います。

その笙の音色を、自由にやわらかく、演奏してくださる田島和枝さんの演奏会を開催します。

正倉院の復元楽器 「竽」の音色も演奏してくださいます。

秋の夕暮れ、古代の楽器の音を、ご一緒にあじわってみませんか。


最後にはお茶とお菓子のご準備もいたします。
余韻を楽しむもよし、笙のご質問や、親しい人とのおしゃべりも。ご自由にゆったりおすごしください。

そして帰り道は、満月のお散歩を。

日時   9/23(祝・木)  PM16:00~18:00

場所   南青山ヒーリングテラス空(表参道、外苑前徒歩10分。詳細はご予約後に)

演奏   笙 田島和枝

曲目   ・平調調子 ・滄海 ・盤渉調調子
     ・青海波 ・越天楽 (他) 

料金   3000円 (演奏前の岩茶・演奏後のお茶会つき)

~ご予約・お問い合わせ  木村真理まで marinii@yahoo.co.jp~


♪田島和枝♪ 笙と正倉院復元楽器・竽(う)の演奏。笙を豊英秋(元宮内庁楽部主席楽長)、宮田まゆみ、石川高に、古代歌謡と雅楽合奏を芝祐靖、右舞を豊英秋の各氏に師事。国立劇場雅楽公演、八ヶ岳高原音楽祭、タングルウッド音楽祭、ウィーン現代音楽祭、薬師寺観月祭、坂本龍一・地雷ゼロキャンペーン、岡野玲子・陰陽師CD参加等、雅楽古典曲から現代曲まで多方面で演奏する。笙一管での調子の演奏をライフワークとし、またソロ活動として様々な演奏家と共演。「おとのひとひら」主宰。「伶楽舎」に所属。http://tajimakazue.jp

笙について
約3000年前、中国・アジアで演奏されていた笙は、5~7世紀に仏教とともに日本に伝わりました。楽器の構造・奏法はほとんど伝来当時のままです。その形は鳳凰が羽を休めている姿を現します。調律は、中国の三分損益法(天体・星の運行にしたがったピタゴラス音律)に基づいて行われます。古代の人々は、笙の音に、光、天体、無限を感じていたようです。

竽について笙の約倍の大きさです。笙とともに日本に伝わりましたが、当時の人が明るく華やかな音色を好んだのか、低い音色で音量が小さい竽のほうは平安時代にはすでに途絶えてしまいました。千年以上途絶えていましたが、正倉院楽器復元の波にのり、現代によみがえりました。笙が光の音色であるなら、竽は太古の海のようにやさしく、やわらかく響きます




★この日は、くる美さんの満月ヨガも・・・★
毎月、新月、満月に開催されるくる美さんのヨガ。とても気持ちよくリラックスできるヨガだそうです。身体を緩めて、演奏を聞くのも、音をゆったり聞いた波動でヨガをするのも素敵ですね^^11:00~と、19:00~各定員5名。¥2500。 演奏会参加の方は¥2000。

お問い合わせ、お申し込みはくる美さんまで☆amrita.music.k@gmail.com
mixiの方:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1569194156&owner_id=4575051

★おまけ~満月レイキ会★
笙の音色をよりリラックスして聞いていただけたらとの試みで・・・、演奏会の前に、田島先生を交えて少しレイキの体験会を開催しています。レイキは宇宙の波動といわれるもの。私たちの心身の癒しや、自己成長に効果をもたらします。笙の音色は、やわらかな天からさす光。微細なレイキの波動とも、とても響きあうような気がします。霊授とよばれる技法を行い(体内に一定期間、レイキの回路ができる)ご一緒に呼吸法を行い、レイキの波動を感じてリラックス。15:00~ご希望者の方は、予約にあわせてお知らせください。


ご予約・お問い合わせ 木村真理 
marinii@yahoo.co.jpもしくはコメントからもどうぞ☆
massage& reiki MANA http://mana57.jugem.jp
f0177015_043867.jpg

[PR]
by nene57 | 2010-08-28 00:46 | にっき

夕陽

最近よしもとばななさんのエッセイを読んでいて、

’いろんな国の、いろんな夕焼けを見たけど
好きなのは、あらゆる西海岸に沈む開放感のある夕焼けだ’

というようなきっぱりした一文を読んで、


あ、いいなあ。すごいなあと思った。

好きなものがこれって鮮やかに言えることと、
そして、そういうふうに言えるだけの、
たくさんのものを見てきたということ。

私はばななさんのエッセイや小説が好きで憧れるけど、
それは、世界の素敵なことがたくさん感じられるからだ。

なかなか旅行もできないけど、
夕陽一つだって色んな景色があると思うと
やっぱり人生の中でなるべくたくさん旅したいなあ。
そう思った朝の通勤電車。

だからか、いつもより早く乗った帰りの電車の中で、
ふっと夕陽が目に入って来た。
新宿のビル群の中を沈む、オレンジ色の太陽。
中央線の、つり革を持って立つ人の顔が少し照らされていて、
これもなかなかいいなあって思った。
東京っぽくて。

一瞬だけど’旅人の目’になって、
心がゆったりなった。
[PR]
by nene57 | 2009-06-05 00:52 | にっき

さくら

東京にも優しいきれいな目をした人はたくさんいる。

あたりまえのことなのだけど、最近やっとそう思えるようになった。
きっと少しずつここにいることに馴染んできたからかも。

東京はあまりに人が多く、街も大きくて広くて、とりとめがない。
勢いがあるから、ネガティブな面を大きく感じてしまっていたかも。
でも、人というのは同じだし、
いろーんな人がいるけど、
やっと大丈夫だと感じられるようになった。

自分が優しい気持ちでいれば、返してくれるし、
けばけばしてれば、それが帰って来るだけ。
東京にしかないストレスでケバケバ(笑)することはあるけど、
慣れれば、きっと何か対処できるものだろうと思う。

でも、ときどき風のようにふわっと思い出すのは
何だか福岡の街のこと。
いつも歩いていた道の風景とか、風に揺れる木の軽い感じとか、
信号を待ってる時の暑そうなあかるい日差し。
その中にいる、人の感じ。

あ。すごく懐かしい。帰りたい。

一瞬だけど、強烈に心を占める。

当分は帰る予定は無いけど、
やっぱり違うんだなあと思う。

きっとずっと九州で育って、身体が馴染んでる空気。
そして、それを覚えてて、懐かしいって思う自分。

そんなふうな感覚もはじめてで、
今はそれを少し新鮮で、愛おしく感じる。

懐かしい場所、帰りたい場所があって、
でも、いつかはそこに自由に帰れるって思えること、
それは、きっと幸せで贅沢なことなんだろうな。


今、桜が満開。
昨日、友達と並んで買った、人気のタイやきくん。
お店の前の桜並木も満開で、きれいだった〜。
何気なく、とった写メも、
きっと後で見たら幸せな一日って思うだろうな。


f0177015_1229472.jpg
[PR]
by nene57 | 2009-04-04 12:33 | にっき